ADHDの日課

19歳〜。苦手な日課です。ADHD(手帳は二級) 名前欅 流了リ(けやき

2015年3月25日「イブびょういん」

(※イブ→飼っていたうさぎ。)


f:id:ruri_keyaki:20150403143256j:plain


何がかなしいとか、苦しいとかわからないまま
息が苦しくなって、涙がながれた。

イブが転んで、自力で立てなくなった。
びっくりして動物病院に駆け込んだ。

動物病院で点滴の注射をされているところをしっかり見ることも出来なかった。

「イブが死んだらどうしたらいいですか」
と聞く自分がいた。
それなのに、
「明日も点滴に来ます、朝一番で来ます」
とも言っていた。

視界の上半分が真っ暗だ。しばらくそのままだった。
貧血みたいだ。
イブの写真や動画を沢山撮った。今までにないくらい沢山撮った。

写真は元気に見えた。
加工したら、もっと元気に見えた。

でも腕の中にいるイブはいつものイブじゃなかった。
わたしの腕に頭を預けていた。

写真で元気に見えたって、
「今日、明日死んでもおかしくない」
と獣医さんに言われた。
こんな元気そうに見える写真が撮れたって、嬉しくなかった。
それならすごく辛そうな、イブを残したい。

だけどカメラを向けたらそんなの全く想像出来ない。

イブは1Kのお部屋だからうさぎを飼う時、「静かで大人しい性格」だから一緒に暮らすことにした。
トイレも完璧で、ハウスももうすぐで出来るようになれそうだった。
「うさぎってこんなに頭がいいんだ」と驚いた。

眠れない夜はイブを抱っこして泣いた。
深夜に一人きりだってイブがいた。いつも静かにお腹の上に乗っていてくれた。
でもどこかで辛い気持ちを言葉にして伝えたくて、イブを抱きながら色んな人に電話をした。
それでもダメだったら、クロッキー帳に色んな思いを書いた。
その間もイブは静かに膝の上でジッとしていた。イブは何も言わない。

今はじめて、こんなに頭がいいのだから、イブに話しかけたら分かっていたかもしれないと気づいた。

獣医さんにイブの目に「力がなくなっているので」と言われた。
確かにそうかもしれない。でも分からなかった。
毎日一緒にいたのに、イブはいつも同じように大きくてまぁるくて、可愛い目をしている。

うさぎは地団駄を踏んだり噛んだりする子も多いのに、イブはしない。
毛並みはバラバラだけど、かわいい。

わたしにとってイブは、確実に大切で、自分の一部のようで、わたしがどうにかしなければ死んでしまって、それは嫌で、ずっとわたしの部屋で生きていてほしくて、必要で大好きだ。
それから、これからもっと仲良くなれるのだ。

イブは元気じゃなきゃ嫌。
わたしも元気じゃないのに。
イブは元気じゃなきゃ嫌だ。
もうイブなら、うるさくってもいいや。いくら太ったっていい。
噛んだって、いいや!
死んじゃ嫌だ。どうしたらいいの。
イブ以外とは暮らせないんだよ、こんなに良い子はいないんだよ、変わりはいないの。

欅流リ


f:id:ruri_keyaki:20150403143353j:plain


追伸→その後イブは月にかえりました。
これはイブを動物病院に連れて行った夜遅く、書いたメモです。