ADHDの日課

19歳〜。苦手な日課です。ADHD(手帳は二級) 名前欅 流了リ(けやき

都合のいい毎日

わたしはあなたに、一番に愛されてはいないだろう。
いえ、わたしはあなたに、愛されてはいないだろう。

わたしは、あなたと愛し愛されたかった。

愛に飢えた人の言葉は、とても優しい。
あなたの言葉は優しい。
愛を充たす為に、優しい言葉を吐くからかもしれない。

充たされているものに関して、あなたの言葉は優しくなんてないのだから。

罪悪感を与えるために、単純なことで悲しんだり、
ごめんなさいと言わせる為に、過度に不機嫌になったりする。

けれどあなた、本当はもっと複雑な悲しみや苦しみがあるのでしょ。
それを指摘された日には、怒り狂ってわたしを罵倒するのでしょ。

何となく積み重なる違和感を都合よく解釈して、わたしはやり過ごそうとする。

時々あなたに意地悪をする。
「あなたの隣にはいられない・・」だなんて言って泣いてみせる。
するとあなたは、分かりやすく「お前じゃないと駄目だ」という顔をする。
その意味は、「お前くらい都合よく使えるオンナはいない」ということ。
だからわたしは、まだ充たされていないのね、と普段通りに戻る。

あなたには何かの呪縛のようなものを感じていたから、そういうもの全部を許さなければ何も進まないような気がして。
そしてわたしは、あなたの「どうしても救われない何か」を知ってしまうと、隣にさえ存在することが出来ないだろう。

だから、あなたとは、愛し愛される関係になることはないでしょう。
あなたの隣にいたいなら、わたしは愛されることを諦めなければいけない。

いつかあなたが充たされた時、わたしを捨てて、違う誰かに愛を注ぐ人になるでしょう。
わたしは、今からそんな予感がしています。

わたしも、都合のいい毎日を過ごしています。
「もっと大切にされて・・」とワンワン泣いてくれる友人がいます。
けれどね、わたしはもう、あの人を愛してしまっているので、
どうしようもないのです。

「大丈夫、あなたはいつも、わたしよりも素晴らしい人です。」
ずっとそう思っていてあげるから、いくらでも都合のいいようにわたしを利用してください。

欅流リ

f:id:ruri_keyaki:20141116144035j:plain